最近、平日はとっても倹約生活。

といっても、絞り絞っての倹約じゃなく、
ルーティンの家事以外に、図書館で借りた本を読んだり、書道したり、ボランティアやイベントの構想を練ったりしてると1日はあっという間に過ぎていく。
そこに就活が入って書類をつくったり面接に出掛けたりすると、働いている錯覚に陥る。
(全くもって勘違い野郎です<(_ _)>)

そんなこんなの平日の平穏な日々、出費をせずに過ごした事を褒めてる自分もいる。
(だって、どこからも入って来ないんだもの^^;)

6月1日(木)
そんな私がお出かけしました(笑)

毎月1日はファーストデーで映画は1,100円。
来月は就職してるかもしれないし、思い立ったが吉日で映画観に行こう!と(笑)

といっても、車で小1時間走らせてのお出かけ。
せっかく行ったからには美味しいものも食べたい。
ウインドーショッピングもしたいし、そんなことしたら欲しいもの見つけて買っちゃう♡

という訳で、お金が流れていくのはあっという間です^^;


そんな私が選んだ映画は


320.jpg


ちょっと今から仕事やめてくる


観たかった訳ではなく、上映中の中で強いて言うならで選んだ作品。


私は映画館に行って映画を見る時は、だいたいネットで事前に評価をチェックする。
ネタばれがあっても、気にせず拝見。
みんなの感想を参考に鑑賞を楽しむタイプ。

今回の作品は高評価が多い中、厳しいものもあった。

パワハラの上司が痛い目に遭わないまま終わったのは不本意とか、後半が間延びとか、福士蒼太くんの関西弁がちょっととか。

その情報をもって観ても、私は一つ残らず気にならず結構ハマって楽しめた。

特に、パワハラの上司、心を見失った先輩はまっとうな人から見たら腹立たしい以外にないのかもしれない。

でも、会社でいろんな経験をしたからなのか…そんな人もリアルにいる。
腹立たしいよりも悲しさで見ていた。
みんな根っから極悪でも非道でもなく、その人たちは実は一番つらいのかも。
心が悲鳴をあげてるのかも・・・・
そう思いながら観ていた。

冒頭と最後に流れるセリフ。

希望を失くしたわけじゃない
希望が見えなくなっているだけだ

とても大切だと思えた。
そうそう、希望はあるよね
なかったら作ることも出来るしね

そんな思いとはうらはらに…

職業訓練校の同志たちで作ったグループラインで、みんなの就職状況は逐一報告されてて。

同い年の子が正社員で就職が決まった。
みんなから「あこがれの正社員、おめでとう!」と祝福の嵐。
でも、最近は「ラインを送る時間もなくて憔悴しています」と週末にポロッとはいるメッセージ。

たくさんの資格をもっていて、皆からも慕われていた素敵な人が、小学生と幼稚園児の二児の育児をしながら朝から晩までの契約社員で就職。
1ヶ月で「ブラック企業でした!」と退職した。

前職は公務員だった世話好きのとても人の好い方。
4月から勤め始めた職場で、どうしても受け入れられない事があって改善されないなら辞める前提で話しを進めている・・・らしい。

どうした日本

そもそも、「ちょっと今~」の映画が共感され、感動されて、評価されてること自体、考えないといけないんじゃないかなって思える。(もちろん、私も共感して観て良かったと思ってる一人です^^)

まぁ、プー太郎の私が何を言ったところで、どうにもならないのだけれど。


私はとにかく笑っていよう

そう思った。

スクリーンの中の福士蒼太くんのように。

そうして、笑顔の私とご縁がつながる仕事に、職場に辿り着けるよう・・・そう思いながら過ごしていこう

現実は厳しい
今の私の発想はイタイと思われるのかもしれない
でも人生において何が正しいのか答えがあるわけじゃないし、価値観は人によって違うから・・・

私は笑っていよう

今はそれだけでいい。

スポンサーサイト

会社を辞めて、しばらくのんびり
職業訓練校終わって、またのんびり

この「のんびり」を暇や退屈だと思う人もいるんだろうけど・・・
無収入で貯金切り崩しはじめて、不安とか焦りって言葉を連想する人もいるだろうけど・・・


毎日やることがあり、やりたいこともあり、その中で帳尻合わして淡々と日々は過ぎていく
感情も不思議なほど波風立たず当たり前に過ぎていく

それでも、以前の分刻みの行動は皆無になったから、やっぱり世間で一生懸命働いてる方たちからみたら「のんびり」なんだろう

前はあくせく考えていた思考回路ものんびりモード
最近、難しいことをわざわざ言葉にしようと思わなくなってきた
(はてさて、社会復帰できるのか?^^;)

そんな中、用事で遠出したついでに何度か行ったことのある大好きな神社に出掛けた5月のある午後

いつも裸の幹しか見ていなかった藤の木は思いっきり花を咲かせてて

私は「あぁ、そういうことか」とかつぶやく

この花を咲かせるために1年間、見えない営みを続けてたんだな


綺麗な色に魅せられて人が集まる

甘い匂いに誘われて蜂や蝶が集まる

それでも、それは意図したものではなくて自然の理にしか過ぎない

すごいなぁ・・・

DSC_3623.jpg



DSC_3617.jpg



DSC_3621.jpg


帰宅して、またのんびり (っていうか、ぼぉ~っと^^) してて、ふと思ったこと


存在していることに理由なんてない

生きることに理由なんてない

自分を愛すること

愛されること

人を愛することにも

理由なんていらない



そうしたら

働くことも理由なんて本当はいらないのかもしれない


しいて言うなら

働きたいから

それだけ

それが本来なのかもしれない

今の日本は「なぜ働くの?」って聞くと、みんな似通った答えが返ってくるのかもなぁ
私の活動も大丈夫かな、ぶれてないかなぁ・・・

な~んて考えてると、余計に仕事見つけられなくなるか(^^;
この浮世離れ、阻止できるか!?

ま、行きつくところに行きつくでしょう、すべて自然の理の中で(^^)

ご無沙汰しておりました。
約3ヶ月、ブログに載せたい出来事も多々あり、意識の端っこで気になりつつ、タイミングと気力が噛み合わず日々が流れていった感じです。
そうした日々の行動が変わると、なかなか変わらなかった習慣も変わるものですね。
いいのか悪いのかと思いながら毎日立ち上げてたPCに触れない日も最近は結構あったりします。

5ヶ月通った職業訓練校も先月修了。
中年におけるそんな時期は人生には珍しいので(笑)感じたこと残したかったんだけど…
それはまた追々^^

気がつけば時は春。
久しぶりなので2月からつい先日までで出会った花たちを載せて、流れた日々を振り返りたいと思います。(振り返れるのは私だけですが^^;)

京都、三重、岡山の花々もあれば、近くの川辺や道端、そして我が家の庭の花たちもいます。
でも大きな視点で見たら出処はひとつ。だからアトランダムでいいかな^^

春を教えてくれる花々。
それを毎年愛でて、季節を感じる。
あぁ、今年もよくぞ咲いてくれたと嬉しく思える。
…それって、幸せかも。

DSC_2945.jpg


DSC_3113.jpg

DSC_3367.jpg

DSC_3374.jpg

DSC_3376-2.jpg

DSC_3377.jpg

DSC_3380.jpg

DSC_3382.jpg

DSC_3383.jpg

DSC_3385-2.jpg

DSC_3424.jpg

DSC_3421-2.jpg

DSC_3393.jpg

DSC_3420.jpg

DSC_3335.jpg

DSC_3340.jpg

DSC_3403.jpg

今回はちょっと趣向を変えて。

先日の宮島で買い求めたものの中で、一番ワクワクしたものをご紹介

           ↓

IMG_20170116_222226.jpg

お土産やさんで見つけた 瀬戸内塩レモンあじラーメン


寒波到来のさむーい週末にいただきました。

IMG_20170116_222242.jpg

個人的には大満足のお味♡
塩ラーメンが好きな人にはおススメです(^-^)



あ、趣向を変えてと言ったけど…

この「しあわせ詰め合わせ」

今回のような記事を綴っていこうとブログを始めたんでした!

どこでどうなって、こうなったかなぁ^^;

先日、広島県の宮島へ行ってきました。

無職の身につき…遊んでる立場ではないという気持ちと、少しばかりの好奇心、
そして、お得感を味わいたい気持ちで、青春18切符片道5時間。
長時間の各駅停車のんびり旅。

頑張れるかなぁって不安もあったけど、おしゃべりしていたら意外と過ごせて、最後はお得感に浸りご満悦^^

そんな中、宮島にて参拝した豊國神社で見かけた言葉にしばし佇む。


全世界ヨ 一(ひとつ)ニ 帰レ

宮島

なんだかじんわりとする。

宮島2



あ、そうそう。

職業訓練校のお仲間で帰りによく一緒になる20代の子と普通におしゃべりしてる時に

「ホントに前向きですよね~」

って言われてしまいました^^;


そうかなぁ?って思ってみたけど、そうなのかも。
仕事していた時は、「なんで皆そんな悲観的な考え方するんだろう」って思ってたけど、今違う環境に身を置いて分かってきた。

ひょっとして私がずれてる?(笑)
前向きすぎなのかもしれない。(← 世間知らずともいう^^;)


そんな私だから、新年を迎えて気合いを入れて訪れた場所で飛び込んできた言葉に対して…


本当にそうなるといいと思う。

生きていくために本当に大事なことだけ残して、あとは削ぎ落としていけば…



と言葉にすると、さすがに夢追い人の空気が漂うか^^;


だけど
ふと、そんな気持ちにさせてくれる穏やかな瀬戸内の風景でした。


宮島3


宮島4

宮島 弥山より


2017年。
しっかりと生きていこう。